TMの体験報告

【学生】

米国バックネル大学の学生
「10代の若者達の頭の中は、100万もの事柄でいっぱいです。そうした表面的な事柄にとらわれて、自分の本当の感情がわからなくなり、自分らしく生きることができなくなっています。 ……TMをすると、地に足がついて、自分自身でいることができるようになります。瞑想中はとても気持ちがよいのですが、それだけでなく、瞑想の後も、そうした気持ちよさが保たれます。ですから、背伸びしなくても、ありのままの自分で、もっと楽に生きることができるようになるのです。──ダナ・ファーリー

デトロイトのクリエイティブ・スタディ大学・写真科の学生
「超越瞑想を学んで最初の週に、アイデアが流れ始めたことに気づきました。それはとても自然に起こりました。無理やりアイデアを引きだそうとする必要はありませんでした。ただ内側からアイデアが流れてくるのです。──エスター

マンハッタン音楽大学の学生
「瞑想を行い、十分に休息がとれているときには、何が起こったとしても、ストレスを感じることはありません。外側の出来事に、動揺することがなくなるからです。ですから、TMを学ぶことは、特に学生にとって非常に重要だと感じています。若い学生達は、たくさんの活動に関わっているので、瞑想して深い休息をとれば、活動はより活発になり、より大きな幸福を経験することができるからです。──ケーラン・ディミック

【教育者】

サンフランシスコの統合地区の教育長
「私たちは子供達に読み書きやいろいろなことを教えることはできますが、皮肉なことに、自分自身について教えることはできません。自分自身が何であるかは、静寂の時間を持つことでわかるのです。子供達にとって、毎日の生活の中で瞑想の時間だけが静かな時間なのです。──カルロス・ガルシア

サンフランシスコのヴィジテーション・ヴァレー中学校の校長
「子ども達が瞑想して、少しの間休息をとると、彼らの頭の中にあるすべてのものが消えさります。それによって、彼らの脳はもっと落ち着いて、もっと多くの知識を自然に吸収できるようになるのです。────ジェイムズ・ダーキー校長

ロサンジェルスのニューヴィリッジ高校の校長
「超越瞑想は、ストレスを取り除くだけでなく、学生達が問題を乗り越えて、将来に希望をもてるようにしています。超越瞑想を教えることは、彼らの破滅的な行動の悪循環を打ち壊し、自分自身の可能性を開く方法を与えることになります。私の学生の一人は、超越瞑想によって、それまで全く気づかなかった本来の自分を知るための扉が開かれたと話しています。──ハビエル・グスマン校長

アリゾナ州のタクソン高等学校の体育部長
「子供達は一日中、騒音にさらされています。アイポットやビデオゲーム、テレビなどを通してです。私は、子供達が毎日わずかな時間でも騒音から離れて、自分自身に注意を向けることが必要だと感じています。TMがそうさせてくれます。──ユーチューブのビデオより」

タイの寄宿学校の教師
「TMを導入してから、生徒はより穏やかになり、より規律正しくなりました。しかし、規律正しくなったという事は、生徒がおとなしくなったという意味ではありません。生徒は以前より活発になり、授業では討論に積極的に参加し、より早く知識を理解しています。──クル・マエウ教師(ダマジャリニー・ウィッタヤ・フリースクール)」

【ミュージシャン】

グラミー賞受賞経験のあるクラシック・ギター奏者
「ステージで演奏するときは、瞑想のような状態になり、私と聴衆が一つになるのを感じます。その一体感の中で、すべての人が一緒になって音楽の素晴らしさを体験しているのです。それが、ライブ演奏が非常に強力である理由の一つです。すべての人が、その音楽に陶酔し、我を忘れるのです。──シャロン・イズビン

アニマルズ・アズ・リーダーズのギターリスト
「瞑想すると、意識のより深い部分と連携するようになります。……創造性がどこからやって来るかというと、自分自身のより深いレベルからやってきます。ですから瞑想して自分自身のより深いレベルを知ることが大切なのです。知的理解を越えて、考えを越えて、自分の非物質的なレベルを体験することです。──トシン・アバシ

キーボードとドラム奏者
「超越瞑想を規則的に行うようになってから、滝のように音楽が流れ出てくる感じです。それは、以前にはなかった体験です。……音楽を演奏しているとき、私は全く違った意識状態になります。超越的な真我(真の自分)と一緒に踊っているような感じです。瞑想することで、あの創造性の研ぎ澄まされたレベルに触れることができます。その領域は、100%自分そのものです。──リック・カトラー

アメリカ人の音楽プロデューサー
「瞑想をすると、ゾーンに入ることができるか、少なくとも、そこに入るチャンスをつかめると思います。そうなると物事がスムーズに流れはじめます。それが、創造性に関して私が気づいたことです。創造性は、強引に、緊張して、あるいは懸命に努力して引き出すものではありません。それより大切なのはリラックスして、自分を解き放つことであり、そのとき創造性は自然に溢れだしてくるのです。──リー・チェスナット

R&Bのアーティスト・ラッパー
「私たちは常に何かを考えたり、頭を働かせていますが、そうした状態から離れて、休息を取り、その瞬間を生きるための方法があります。それが瞑想です。すべてのことから離れて、一休みし、自分自身を中心に置くことは、素晴らしいことです。超越瞑想は、それを行う最高の方法です。──ミゲル・ジョンテル・ピメンテル

ジャズ界の巨匠と呼ばれたサックス奏者
「私たちは、瞑想中、あの目撃する意識の中で、自分自身を見つけます。それは通常の目が覚めているときの意識状態ではありません。夢を見ているのでも、眠っているのでもありません。私たちが慣れ親しんでいる目ざめ、夢、眠りの三つの世界とは全く違う意識状態です。それが超越の状態です。その宇宙的な状態が、私たちみんなを一つに結び付けます。それを体験することで、私たちはみな兄弟のような親しい関係になります。それは血縁よりも深い関係です。 ──デヴィッド・スペンサー・ウェア

【メディア関係者】

英国ガーディアン誌のライター
「瞑想は、驚くほど贅沢な時間です。何よりも、1日2回、20分もの間、周りの世界から自分を隔離することができるからです。そこにはテレビはなく、電話の呼び出し音も、電子メールも、ツイッターもない。そこにいるのは、目を閉じて、静かに座っている自分だけです。瞑想は、好きなときに洞穴に逃げ込むのに似ています。それは、僕が望んでいたことでした。──スチュアート・ヘリテッジ

ニューヨーク在住のファッション・ブロガー
「私は、自分の創造性と知性を、内側のインスピレーションと光を宿している場所に到達させる技術としてTMを使うことができます。それは、自分自身と自然との間を統一する、高度な実在に戻るための場所です。──マディソン・ステファンズ

CNNテレビの女性キャスター
「瞑想中、私は深い休息とリラクゼーションを体験しています。それによって、画期的な考えが浮かんだり、気が狂うほど忙しい状況から抜け出すことができます。瞑想は、仕事と私生活のバランスをとり、母親であろうとすることのストレスやプレッシャーを軽減する助けになっています。一人のジャーナリストとして、私はより健康になり、ストレスを感じることが少なくなり、エネルギーが増し、心がよりクリアーになったと感じています。──ソウルダッド・オブライエン

CNN政治専門主任記者
「今でも怒ったり、欲求不満やストレスを感じることがありますが、それは問題ではありません。大切なことは、そうしたストレスをうまく扱えるようになったということです。今の私は、以前のように怒りの感情にとらわれることがなくなりなりました。瞑想は、人生のとげとげしい面を取り去って、やわらかくしてくれるので、ストレスを感じるような状況にもうまく対処できるようになるのです。──キャンディー・クローリー(「ステート・オブ・ザ・ユニオン」のキャスター)」

【経営者】

ウォール街の一流投資会社のファンド・マネージャー
「ストレスを受ける理由はあまりにも多くの事が同時に進行しているからです。しかし、それらの全てが重要なわけではありません。瞑想は私たちが仕事を分類するときに役立にます。『これらはしなければならない仕事だ。これらはあまり重要ではないから、時間があるときにやろう。』そのように、よく考えてフォーカスすることで、たくさんの時間が節約できます。実際に、TMをしないで仕事をしていたときよりも、時間が増えたように思います。──ボブ・ジョーンズ

ハートフォード・ファイナンシャル・サービス・グループCEO
「超越瞑想は、多忙を極める私の生活には、まさに理想的なテクニックでした。瞑想をすることで、私のストレスは目を見張るほど軽くなり、健康維持にも役立っています。また私の家族や取引先との関係にも良い影響をもたらしています。中でも大きかったのが、仕事の上でより明確で効果的な意思決定ができるようになったことです。──ラマニ・アイヤー

リーガル・シーフーズCEO
「私が朝起きて最初にするのは、書斎に籠もって瞑想することです。瞑想の前に難題と格闘していることもありますが、瞑想が終わると答えがはっきりとわかるのです。──ロジャー・ブーコウィッツ

グリーン・マウンテン・コーヒー・ロースター創業者
「もし、あなたに瞑想の習慣があれば、会議で大いに活躍できます。……というのも、瞑想は集中力や目標達成力を高める助けになるからです。──ロバート・スティラー

不動産会社タワーズ・カンパニーのオーナー
「超越瞑想は、否定的な影響を受けずに、もっと成功できるようになるための手法です。これまでは『倒れるまで働く』ことが模範とされてきました。それが自分の価値を証明する方法だったのです。しかし、アメリカ人を見わたすと、非常に多くの人々が高血圧になっています。私たちの生理は、高いストレスを受けながら活動するようには設計されていないのです。──ジェフリー・アブラムソン

過去12年間に3つの多国籍企業のCEOを務めた経営者
「TM中、私の心は明晰になり、『粗雑さ』『混沌』ではなく『繊細』な状態に自然に気づくようになります。言い換えれば、私は広い視野を得ることを学んでいるのです。……TMは、落ち着いて、否定的な混乱に対処する能力を与えてくれました。考え方が秩序立ち、客観的に状況を把握できるようになったのです。──ハンス・ヒックラー

経営コンサルティング会社の社長
「超越瞑想は、ビジネスで他の人に負けない強みを与えてくれました。ですから、私は従業員への特典として、超越瞑想を提供することが重要であると考えたのです。……超越瞑想は、目に見える実際的な効果を生み出しました。特に、職場環境が調和的になり、従業員の病気の申告が減少して、会社の医療保険費が下がったのです。 ──ナンシー・スロモウィッツ

オーストラリアのオリバーズ・リアル・フード社の物流部長
「瞑想を終えて日常の生活に戻るとき、明らかに、この世界の輝きが増しているのを感じます。一日の大変な忙しさの中にいながら、かなり心の平静が保たれ、落ち着いていられるのです。瞑想することで、本当の自分になることができると思います。──ダレン・ウェアハウス

聖職者

アメリカのカトリック神父
「私は毎朝、ミサを行う前に瞑想しています。……瞑想はより深い意識を体験するテクニックです。それによって私たちの祈りは力を与えられ、自分を超えた大きな力に触れることができます。──レオナルド・デュビ神父(米国セントビクター教区)」

コロンビアのカトリック神父
「私は超越瞑想を学んだ数千人の子供たちを見てきましたが、どの子の場合も、その変化は素晴らしいものです。……問題の解決策は、すべての人の内側にあると私は信じています。私たち一人一人の内側に、神聖な場所があります。私たちは、その場所に入り込むことができるのです。すると問題の解決策が、一人一人の内側からやってきます。それらが集まれば、多くの解決策が見つかるでしょう。すべての人が、内側から溢れる愛を世界に広げていくべきです。──ガブリエル・メヒア

ユダヤ教の聖職者
「私はユダヤ人の同胞だけでなく、キリスト教徒やイスラム教徒を含む、真理の探究者たち全員にTMを勧めています。TMをすると、キリスト教徒なら、ますますキリスト教徒になり、イスラム教徒なら、ますますイスラム教徒になります。TMを通して自分の信仰への理解が増すと、他の宗教を探し求める必要がなくなります。自分の宗教で満たされてくるからです。──マイケル・シェヴァック

ユダヤ教の聖職者
「友人から超越瞑想のことを聞いて興味をもった私は、マハリシのビデオをいくつか見ました。マハリシは私のラビではありませんが、マハリシの教えは、まさしくユダヤ教の全律法の教えと同じだったのです。私は信じられませんでした。どの言葉も的を得ていました。マハリシは、偉大なラビたちが到達したのと同じ結論を導きだしたのです。──ラビ・シャインバーグ

【オレゴン州刑務所の受刑者】

「私たちは誤った選択をして犯罪を犯しました。その大半が、家族に問題があったり、お金が必要だったり、そうした状況にただ反応しているだけなのです。ですから、毎日瞑想の時間をとり、すべてを手放して、心を解放すれば、人はもっとよく考えることができるようになります。……瞑想を始める前、私は気が短くて、些細なことにすぐにカッとなって怒りを爆発させていました。しかし今は、何かあると、椅子に座って、少しの間ゆっくりと呼吸をして、小休止します。すると、どんな状況にも我慢することができ、すべてのことが自分が望む方向に進んでいくようになります。──レダリウス

「瞑想は、自分自身と向き合うための時間です。内側の本当の自分と一緒に過ごしているのです。すべての人は内側ではよい人なのですが、悪い選択をしてしまうだけなのです。本当の自分と向き合うことで、とても気分がよくなります。私は瞑想によって、自分がどういう人間なのかを知り始めています。 ──シン

「瞑想すると、刑務所から離れた所に行けます。それは二十分か三十分ぐらいのちょっとした楽しい夢のようです。リラックスして自由になれます。あらゆる人とあらゆるものを締め出すことができます。以前よりも穏やかで、忍耐強くなりました。刑務所では忍耐が必要です。瞑想を二、三日しないでいると怒りっぽくなりますが、瞑想をすると全てがいい感じになります。──ロナルド

【医師】

心臓内科医
「私は時々、治療の一環として、患者にTMテクニックを処方しています。自ら進んで病気を治そうとする人達は、すぐにTMを始めますが、一部の患者さんは、効き目のある薬だけを求めて、私の病院にやってきます。しかし、TMに勝る薬はないと私は思っています。TMには、生理のバランスを整える効果があるからです。心臓血管系は生理のバランスに敏感に反応するので、TMは心臓血管系の病気に非常に効果があるといえます。──セザール・モリナ医師(カリフォルニア州エル・カミーノ病院の医療ディレクター)」

心臓外科医
「超越瞑想は効果的にストレスを解消することで、心臓病の三つの危険因子である高コレステロール、高血糖値、高血圧を改善します。……心臓病は、西洋社会における主な死因となっています。この瞑想法はストレスを解消し、ストレスに起因する病気を減らすことで、多くの人を助けることができるでしょう。──メフメット・オズ医師(ドクター・オズ・ショーの司会者、米国コロンビア大学心臓外科教授)」

カナダ人の産婦人科の医師
「超越瞑想により生み出される内面の静寂は、瞑想の後でも持続します。この静寂が母親の自信を高めているようです。ストレスは恐れを生み出し、恐れは分娩のプロセスを妨げます。超越瞑想を実践している人々は落ち着きを保てる傾向があり、そのため何があってもうまく対処できるのです。──ガイポール・ガニエ医師

ホフストラ医科大学臨床神経学の準教授
「私たちは、日常の忙しい生活から離れて、静かな時間を楽しみたい、例えば休暇を取って素晴らしい自然環境のなかで過ごしたいと望んでいます。そのような休暇と同じ至福と充実感が、目を閉じて、瞑想を始めるだけで、私たちのものとなるのです。 ──ゲーリー・カップラン医師(神経科医)」

【PTSD(トラウマ性のストレス)の克服】

米軍の海兵隊の軍曹
「軍隊では、トラウマにどう対処したらよいか教えていません。人の死に直面したとき、それにどう対処したらよいか教えていません。しかし、どんな状況の中でも、瞑想すれば、心は落ち着いて、戦場においても、日々の生活においても、もっと効果的に行動できるようになります。瞑想はそれを内側から訓練します。──ジェイムズ・スラッシャー軍曹

米軍の海兵隊の中佐
「超越瞑想は、心に傷を負った軍人を助ける効果があると思います。なぜなら、人生の表現的な領域で何が起こったとしても、瞑想は、そうしたすべての雑音、すべての嵐を鎮めることができるからです。瞑想によって、心の安らぎを感じますが、それは私たちの内にある、本当の自分自身を見つけることにつながります。それが、瞑想によって私たちが得るものです。──ポール・スワンソン中佐

スーダンから逃れた戦争難民
「以前は深夜に目が覚めて、レイプされたときのことを思い出し、よく眠れませんでした。しかし今は、それは他人の記憶であるかのようです。私はその記憶から解放されていて、自由です。──エスペランス

【心の病の克服】

パニック発作を克服したバレリーナ
「最後にパニック発作が起こったのはTMを始める前でした。私は苛酷なまでに身体に無理を強いていたので、要するに、ヒューズが飛んでしまっていたのです。それまでは、ストレスのダイヤルを絶えず高い方に廻し続けてストレスを蓄めていたのですが、TMをすることで、そのダイヤルを毎日少しずつ低い方へ戻すようになりました。──ミーガン・フェアチャイルド(ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ)」

パニック障害
「瞑想は、自分からの休暇のようなものを与えてくれます。エゴイズムとか、自分を困らせるような様々なものがなくなります。その日がたいへん忙しくて誰かに向かって大声で叫んだり、仕事の締め切りが迫っていたりしても、一日の終わりに体験するとても自然なあの平安の中にそっと入っていく感じは、たいへん大きな助けになります。また、これはどういうわけか、自分自身を肯定する一つの方法にもなっています。──ティム・ペイジ(1997年にピューリッツァー賞を受賞した音楽評論家)」

パニック障害・不安症・うつ病
「瞑想は私に神聖な空間を与えてくれました。そして、考えや感情に巻き込まれることなく、傍観できるようになってきました。毎日の瞑想の実践は、自分の感情を整えて、一瞬一瞬を大切に生きるのを助けてくれています。そして、瞑想は苦しみの牢獄から私を解放し、あらゆる可能性に満ちた人生へと気づかせたてくれたのです。──ガーヤットリー・ラームプラサード(健康を促進する非営利団体の理事長)」

児童虐待
「TMを学んだことが、子供の頃に受けた虐待から立ち直る第一歩となりました。これまで私は非常に辛辣で怒りっぽく、他人を褒めることができず、その理由は自分でもわかりませんでした。それが、瞑想を学んですぐに、他人のよいところを見つけて、それを褒めている自分に気づきました。私はもっとリラックスしてきたようです。毎回の瞑想が、すぐに腹を立てて嫌みを言う、私の皮肉な性質を改善していったように思います。回復の過程が進むにつれて、自分自身のよい点にも気づくようになりました。──トム・ノース(作家)」

強迫性障害
「瞑想のお陰で、思いもよらない挑戦や困難がやってきても、それを乗り切ることができます。瞑想は生きる勇気を奮い起こしてくれます。瞑想すると、内側と外側の両面で、物事が整理され、幸福感がやってきて、挑戦に立ち向かうことができるのです。──リーナ・ダナム(ライター、クリエーター、女優)」

【依存症の克服】

ミュージシャン
「酒に溺れた理由の一つは、私の脳が不安な状態だったからです。私にとって超越瞑想は、不安を静めるための効果的な道具でした。不安が酒の理由でしたから、その不安がなくなったときには、酒を飲みたいという気持ちもなくなりました。──モービー(ミュージシャン)」

ミュージシャン、音楽プロディーサー
「超越瞑想を始めてから間もなく、約二十年間毎日のように摂ってきたアルコールとマリファナへの欲求がなくなりました。以前は創造的なインスピレーションを得るために、アルコールやドラッグに頼ってきましたが、今ではTMによって、二日酔いなしに同じ創造的な境地に至ることができます。それだけでなく、TMは、思いついたアイデアを実現するべく勤勉に、真っ直ぐに、効果的に取り組むための活力を私に与えてくれました。──ブレーク・イアン

アメリカ南部出身の男性
「依存症の根本原因は魂に穴があいているためではないかと思います。つまり、魂が病んでいるのです。そのために、何かを飽くことなく求め続けてしまうのです。その穴をアルコール、ドラッグで塞ぐと一次的に満足できますが、状況はいっそう悪くなります。 ……それがTMを学んだ後、タバコ、アルコール、マリファナへの欲求が自然に消えていきました。超越が私の魂にあいていた穴を癒してくれたのです。──ジョーナ(薬物乱用カウンセラー)」

【HIV感染者・エイズ患者】

「TMを学んでから3週間のうちに頭痛がなくなり、疲労感が消えていきました。1カ月後、主治医にT細胞数を測定してもらうと約15%上がっていました。そして18カ月が経ちました。頭痛はなく、T細胞数は上がったままであり、痛みは消え、幸せを感じています。私の生活で起こったただ一つの変化は、1日に2回、20分座って瞑想をする時間を作る努力をしているだけです。TMは、HIVととも生きる人々にとって天の恵みです。──ラリー・ザパトカ

「私がTMの実践を始めてから1年になります。前は杖を使って歩いていましたが、もう必要なくなりました。私の生活は混乱していましたが、ストレスは少しずつ消えていきました。私は快活な自分に戻りつつあります!──ノーマ・アズカル

【その他】

ニューヨーク在住の日本人画家
「私たちはこの広大な宇宙の中に生きる、とてもちっぽけな、ちっぽけな存在なのですが、私たちは自らの内側に、途方もなく大きな宇宙のあらゆる属性を有しているのです。ということは、私が自分自身の内側のより深くへ入り、新しい知覚の層を見いだすことができれば、その新しい知覚を他の人々のところに運んでくることができるはずです。瞑想を始めたとき、私は宇宙とつながりました。まるで電気の配線のように私と宇宙がつながったのです。──中川直人

ファッション・モデル
「瞑想していると、心のなかに考えや映像が浮かんできたり、心の奥底に押し隠していた感情が出てきたりします。瞑想して、そうした感情が解消されると、仕事に集中できるようになるのです。感情をため込むのは危険で、だんだんと苦しくなってきます。感情を扱うのは本当に難しいのですが、TMは、そうした苦しみを取り払い、心が望む状態に入っていけるよう助けてくれます。──アリッサ・ミラー

英国のチェス・チャンピオン
「超越瞑想は、私がオックスフォード大学で学んだことの中でも最高のものでした。瞑想によって、突然、大きなエネルギーが湧いてきたり、集中力が増したり、他の人に対しても温かい愛情を感じるようになったのです。……20分の瞑想の後は、心の落ち着きとバランスを取り戻し、試合で競い合うための準備が整います。しかしもっと大切なのは、瞑想することで、結果を心配することなしに、ただゲームを行い、それを楽しむことができる、ということです。──ジョナサン・ラウソン